〒675-1303 兵庫県小野市池田町293-1

ご予約・問合せは
お電話で

0794-67-0030

治療の流れ

インプラント治療の流れ

診断と治療計画

まずはインプラントに関するご相談をお伺いします。その後、問診・口の中の検査、レントゲン写真や歯型の採取などを行います。

診断の結果、インプラント治療が最良な治療であると判断した場合は、治療方針や計画を患者様とご相談しながら決定します。

診断と治療計画

インプラント手術

チタン製のインプラントを局所麻酔で顎の骨に埋め込みます。

診断の結果、インプラント治療が最良な治療であると判断した場合は、治療方針や計画を患者様とご相談しながら決定します。

インプラント手術

人工の歯を装着

1回法の場合、この後人工の歯をインプラントに連結させて完成です。

痛みが心配な方へ

インプラントの手術は局所麻酔をして行いますので、ほとんど痛みを感じません。

手術後2~3日は痛みや腫れが出る場合がありますが、鎮静剤を処方しますし腫れも自然に治る場合がほとんどで、入院の必要もありません。

レントゲン写真

インプラントの種類

日本でのインプラント治療の実績は20年以上になりますが、その間にもインプラントは様々な改良が加えられ、現在では世界中で数百種類ものインプラントが存在しています。

当医院では、その中でも以下の3種類のインプラントメーカーを使用して治療しております。

ITIインプラント

ITIインプラント 1974年に開発されて以来、世界40ヶ国で最も信用されているインプラントの一つです。

25年以上もの臨床実績と精密技術の伝統があります。

ノーベルバイオケア

ノーベルバイオケア スウェーデンで開発されたインプラントで、世界で初めて臨床応用が開始されたインプラントシステムです。40年以上もの歴史があります。

カルシテック

カルシテック 1984年に開発されたインプラントシステムです。インプラントの表面に使用されている材料は、ハイドロキシアパタイトと言い、顎の中で積極的に骨と結合しようとする生体活性材料です。

他のインプラントシステムと比べて、より生体と馴染みやすいものになっています。

インプラントMenu

ページ上部へ戻る